JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント


 >  > JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント

JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT オーソライズK TOWER BAR MATWORLD フロント

(都立大生物・上村氏による)

  1. 19インチフーガY50系BLEST バーンズテック V-05 セミグロスブラックミーリング 8.5Jx19エナセーブ RV504 245/40R19
    鮮やかなレモン色をしたイトトンボです モデリスタ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 前期 V/X モデリスタ Version ZERO フォグランプ装着車 塗装済 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク (221) 取付込。初夏~盛夏にイモリ池でよく見られますが、ときどき、ひょうたん池でも観察されます。トントンとはねるような飛び方にも特徴があり、他の種と見間違えることはありません。雄は腹の先端の背側に黒い三角形の模様があり、雌よりも黄色が鮮やかです。
    235/55R18 104V XL ZEETEX ジーテックス ZEETEX SU1000 vfm ジーテックス SU1000 vfm Euro Speed MX-01 ユーロスピード MX-01 サマータイヤホイール4本セット

    ★色番号塗装発送DA/DB63T キャリイ リアウイング / リアスポイラー【ブラックス】キャリーDA63T CARRY OF リアゲートスポイラー 2表に戻る

  2. アジアイトトンボ
    全国的に最も普通に見られるイトトンボで、キャンパス内ではひょうたん池や理工教室棟前の池でしばしば観察されます。雄は胸の部分が青緑色で、黒っぽい腹の先の方に水色の模様があります。雌は全体的にくすんだ緑色をしています。イトトンボ類は一般に雄の方が鮮やかで特徴があり、種類を調べるのが容易です。



    表に戻る

  3. クロイトトンボ
    ひょうたん池やイモリ池で夏に多く見られます。雄も雌も全体的にくすんだ色をしていますが、雄は腹の先端に水色の模様があり、成熟した雄の胸の部分はは白い粉をふいたようになります。水際や岸辺の水面上を低く飛び回っていることが多く、水域から離れた場所にはあまり姿を現しません。

    表に戻る

  4. モノサシトンボ
    イトトンボに近い仲間ですが、イトトンボよりも大型で、その名のとおり雄も雌も腹部にものさしのような模様があります。キャンパス内ではイモリ池やその周辺の遊歩道沿いに多く見られます。比較的うす暗い場所を好むトンボで、特に未成熟の個体は林の中の下草の上などでよく見かけます。初夏から盛夏のトンボです。

    (八王子市登坂氏撮影)

    表に戻る

  5. オオアオイトトンボ
    雄も雌も金属光沢のある緑色をしています。イトトンボ類に近い仲間のトンボですが、イトトンボとは異なり翅を開いてとまるところに特徴があります。梅雨入の頃に羽化しますが、夏は暗い林の中でひっそりと生活し、初秋に池に戻ってきて繁殖します。イモリ池で多く見られ、池にはりだした木の枝に産卵します。


    表に戻る

  6. オツネントンボ
    漢字で書くと「越年トンボ」であり、成虫で冬越しをするかわったトンボです。そのためか雄も雌も枯葉色の目立たない色をしています ★色番号塗装発送FD3S RX-7 フェンダーダクト【アールイーアメミヤ】FD3S FENDER BIG OUT LET Wet Carbon。晩夏に羽化した成虫は、樹皮の下などで越冬し、春に再び池に戻ってきて産卵します。春のひょうたん池でよく見かけますが、冬越し中の成虫はなかなか見つかりません。



    表に戻る

  7. ホソミオツネントンボ
    オツネントンボと同じく成虫で越冬するトンボで、体色も同じく目立たない褐色をしています。オツネントンボとの見分けは慣れないと難しいですが、ホソミオツネントンボの雄は、体が春先に鮮やかな水色になるという特徴があります。春のひょうたん池で見られますが、オツネントンボよりは個体数が少ないようです。

    表に戻る

  8. コサナエ
    水草に富む比較的きれいな池に生息するトンボで、全国的に減少傾向にある種です。神奈川県でも絶滅危惧種となっています。’94~’96年にかけて毎年初夏にひょうたん池で観察されましたが、ひょうたん池ではヤゴが生息不可能と思われるため、どこから発生しているのか不明です。黄色と黒の小型のトンボです。

    表に戻る

  9. コオニヤンマ
    オニヤンマという名前がついていますが、サナエトンボの仲間です。サナエトンボの仲間はどの種も黄色と黒の縞模様で、この種は特に体が大きいため、このような名前が付いたのでしょう。幼虫は清流に生息し、成虫も川沿いに見られます。キャンパスにはたまたま飛来したものと思われます。

    表に戻る

  10. オニヤンマ
    日本で一番大きなトンボです。夏にイモリ池の下の細流上をいったり来たりして飛び回っている姿を見かけます。キャンパス内では幼虫は未確認ですが、おそらく細流に生息していると思われます。雌の腹の先端には立派な産卵管があり、これで小川の泥の中に卵を産みつけます。



    表に戻る

  11. カトリヤンマ
    ギンヤンマに似た体色した小型で細身のヤンマです。夕暮れの薄暗い時間に盛んに活動する習性があり、夜、灯りにひかれて家の中に飛び込んでくることもあります。そのためか、複眼が非常によく発達しています。キャンパス内で発生している可能性もありますが、まだ幼虫の生息は確認していません。

    表に戻る

  12. ヤブヤンマ
    夏のイモリ池でときどき観察されます。朝夕の薄暗い時間に活発に活動し、日中は池のまわりの木の枝などにぶら下がって休んでいることが多いです。雌は池の浅いところや岸辺の泥の中、朽ち木の中などに卵を産みつけます。雌は褐色と黄色、雄は黒色と青緑色の縞模様です。

    【送料無料】 225/60R17 17インチ TOPY トピー セレブロ JB12 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ グラントレック PT3 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション表に戻る

  13. クロスジギンヤンマ
    ギンヤンマによく似ていますが、より体色が黒っぽく、青色の細かい斑紋を持つ美しいヤンマです。ギンヤンマよりも早い時期に出現し、また、より暗い池を好みます。初夏のイモリ池ではかなりの数がみられ、岸辺の草の上に抜け殻もよく見かけます。若い個体は生協前の広場等にも姿を現します。

    表に戻る

  14. ギンヤンマ
    胸の部分がきれいな緑色をしたヤンマです。雄は腰が水色、雌は銀色をしています。キャンパス内では夏のひょうたん池や理工教室棟前の池でよく見られますが、イモリ池に姿をあらわすことは滅多にないようです。雄と雌が連結した状態で池の水草等に卵を産みつけます。



    表に戻る

  15. オオヤマトンボ
    黒と黄色の縞模様の大きなトンボで、よくオニヤンマと間違えられますが、胸が金属光沢のある緑色をしていて、幼虫もオニヤンマが小川に生息するのに対して、オオヤマトンボは池に生息します。ひょうたん池の周囲を大きくぐるっと飛び回る姿が稀に見られます。ヤゴの抜け殻もひょうたん池で見つかっています。

    表に戻る

  16. ハラビロトンボ
    名前のとおり、腹が太く短いかわった姿をしたトンボです。初夏から盛夏にかけてイモリ池下流の湿地やひょうたん池で見られます。雌と未成熟な雄は黄色と黒のだんだら模様、成熟雄は青い色をしています。湿地に発生するトンボですが、キャンパス内では年々その数が減少しているように思われます。



    表に戻る

  17. シオヤトンボ
    初夏の池や水田に出現するトンボです。シオカラトンボに似ていますが、体が一回り小さく寸胴です。雄は粉を吹いたような青白色、雌は褐色と黒のまだら模様です。初夏のひょうたん池でみられますが、数はあまり多くありません。日だまりの石の上などにとまってひなたぼっこをしていることが多いです。



    表に戻る

  18. シオカラトンボ
    日本で最も普通に見られるおなじみのトンボです。初夏から秋にかけて、キャンパス内の様々なところで姿を見かけます。雄は粉を吹いたような青白色であるのに対し、雌は褐色と黒のまだら模様で、俗にムギワラトンボと呼ばれます。雌は水面を腹の先で叩くようにして産卵し、雄はそれをそばで警護します。



    表に戻る

  19. オオシオカラトンボ
    シオカラトンボによく似ていますが、体が一回り大きく、より頑丈なイメージを受けるトンボです 215/45R18 93W XL YOKOHAMA ヨコハマ BLUE EARTH RV02 ブルーアース RV02 WEDS Kranze Weaval 100EVO ウェッズ クレンツェ ウィーバル 100エボ サマータイヤホイール4本セット。夏の池の木陰でよく見かけます 。雄は青色、雌は黄色と黒のまだらで、いずれもシオカラトンボよりもはっきりした色彩をしています。雌の腹の先が少し膨らんでいて、これで水をかいて、卵を岸辺の草などに付着させます。


    表に戻る

  20. ヨツボシトンボ
    植生豊かな沼に生息する春のトンボです。全体的に枯葉色で、翅に褐色の模様がある点に特徴があります。これがヨツボシトンボの名前の由来となっています。全国的に絶滅の危機にさらされているベッコウトンボに近い種類ですが、ベッコウトンボよりは汚染に強いようです。’95年にひょうたん池で観察されました。

    BAR TOWER STURT ライフ BAR SUSTEC JB1-4 フロントタワーバー【タナベ】ライフ フロント STURT JB1




    表に戻る

  21. ショウジョウトンボ
    夏の池の岸辺で見られる深紅色のトンボです。よくアカトンボ(アカネ)の仲間と間違えられます。雌はくすんだオレンジ色をしています。キャンパス内ではひょうたん池やイモリ池でよく見られ、理工教室棟前の池でもときどき観察されます。比較的腹の幅が広く、がっしりした体格のトンボです。


    表に戻る

  22. ミシュラン Pilot Super Sport サマータイヤ 245/35R20 MKW MK-66 ミルドサティンブラック ホイールセット 4本 20インチ 20 X 8.5 +42 5穴 114.3ミヤマアカネ
    キャンパス内の秋の草むらでときどき観察されるアカトンボの1種です。翅の中ほどに褐色の帯があるのがこの種の特徴です。里山の水田に多く生息する種類ですが、キャンパス内で発生しているかどうかは現在のところ不明です。比較的幅の広く短い翅でのんびりと飛び、その際には翅のバンド模様が目玉模様を描きます。



    ディクセル ブレーキローター PD(プレーンディスク) フロント左右セット ライトエース/マスターエース/タウンエース KM80/KM85 3119057 DIXCEL ディスクローター ブレーキディスク【店頭受取対応商品】表に戻る

  23. ナツアカネ
    初夏に羽化し、晩夏から初秋にかけて繁殖するアカトンボです。

    JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント

    17インチステップワゴンRP系WEDS レオニス VT BMC/ミラーカット 7.0Jx17ヨコハマ エコス ES31 215/50R17, 2018年製 スタッドレスタイヤ ピレリ アイスアシンメトリコ 225/60R18 100Q & SSR GTX02 7.5-18 タイヤホイール4本セット 225/60-18 PIRELLI ICE ASIMMETRICO, 【関西、関東限定】取付サービス品汎用 フロントリップ【イージーリップ】イージーリップ EZ Lip 3個セット ホワイト, 柿本改 (カキモト) Kakimoto・R フェアレディZ 2by2 E-PGZ31/E-HGZ31/E-GZ31用, 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:NV100クリッパーリオ(DA64W)】WEDS レオニス CH ブラックメタルコートミラーカット 5.0Jx16ヨコハマ Sdrive ES03 165/45R16 ディクセル PD3416027S 純正補修向けブレーキローター(ブレーキディスク) フロント用 三菱 等 防錆コーティングを施し純正+αの性能を実現!, RS-R RS★R SUPER DOWN サスペンション リア トヨタ アルファードハイブリッド ATH10W 4WD HV Gエディション 2400cc 2003年07月~2008年04月, ブロード [BG16AL-A2] カケル バッテリー 駆 BG16ALA2, 【プロミュー】送料無料【project mu】ポルシェ 911(991) RACING999 ブレーキパッド 前後セット 12/06~ ポルシェ 911(991) Carrera 4S 991MA103, ブルーバード(00.11~01.6)ENU14 (4WD)■プロジェクトμ ブレーキパッド NS-C フロント用左右セット pivot ピボット 3-DRIVE THC コンパクト スロコン CR-V RM4 H23.12- K24A

    JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント:ミシュラン PRIMACY 4 プライマシー4 サマータイヤ 225/45R17 MANARAY SCHNEDER SQ27 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100 【送料無料】 F:245/30R20 R:255/30R20 SSR エグゼキューター EX01 F:8.50-20 R:9.50-20 YOKOHAMA ヨコハマ アドバン スポーツ V105 サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum18】

    JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント.★送料無料★(一部離島等除く) 【エスペリア】SUZUKI アルト ラパン ALTO LAPIN HE21S 1型 2型 スーパーダウンサス HE21S K6A H15/9~16/10 2WD NA 2型 リア ANH/MNH10系 アルファード前期 [H14.5~H17.3]極 ワンタッチHIDキット H4(Hi/Lo) 55W ヘッドライト用オールインワン ワンタッチ バラスト一体型 HID 簡単取付 フォグランプ バルブ 電球

    オートインフォ コンビシフトノブ ブラック×グレー トヨタ 200系ハイエース カーメイト エンジンスターター フィット 5ドア H22.10~H25.09 GE6~9 セキュリティアラーム無車スマートキー装着車 TE-W7300+TE54+TE430

    。アキアカネとは異なり、盛夏も平野にとどまります。秋が近ずくにつれて、雄の体は目玉も含めて深紅色になります。雄と雌がつながったままで、水田の上などを飛び回り、空中から卵を産み落としますが、キャンパス内での産卵は未確認です。



    表に戻る

  24. アキアカネ
    梅雨の頃に羽化した成虫が山に移動し、秋に再び平野に戻ってくるという大移動をすることで知られるアカトンボです。アカトンボの中では最もポピュラーな種類で羽化の時期と秋からはキャンパス内でもよくみかけます。’96年は9月の半ばにキャンパスの夕空をつぎつぎと移動していく大群が観察されました。


    表に戻る

  25. マユタテアカネ
    名前の通り、顔に眉毛模様のある小型のアカトンボです。初夏から盛夏にかけては緑地内の林縁や遊歩道沿いに、晩夏から秋にかけてはひょうたん池やイモリ池のまわりでよく見られます。雌には翅が透明なタイプと翅の先端に褐色のバンドがあるタイプがあり、キャンパス内では両者がおよそ半々ぐらいで見られます。


    表に戻る

  26. ヒメアカネ
    マユタテアカネによく似ていますが、さらに一回り小さいアカトンボです。湿地に生息するアカトンボで、キャンパス内でもイモリ池の下の湿地で観察されますが、年々数が減っているようです。あまり水辺を離れることなく生活するトンボで、その繁殖生態が詳しく調べられています。



    表に戻る

  27. リスアカネ
    木立に囲まれた池を好むアカトンボです。晩夏から秋、イモリ池の周囲の低木にとまっている姿を見かけますが、多くはありません。翅の先に褐色バンドを持つ種類はこの種の他にノシメトンボ、コノシメトンボ、マユタテアカネ(雌の一部)がいますが、胸の斑紋等が少しずつ異なります。成熟した雄は美しい朱色です SwageLine クラッチホースキット BLK/クリア GPZ900R -A6/750R -G3 84-89/84-86 《SWAGE-LINE BAC605》。

    表に戻る

  28. ノシメトンボ
    翅の先に褐色バンドのある大型のアカトンボです。関東地方の平野部ではアキアカネとともに普通に見られます。アカトンボとは名ばかりで、この種の雄は成熟してもほとんど赤味を帯びません。キャンパス内では、夏には緑地の歩道沿いに、秋には池の周囲の低木上にとまっている姿をよくみかけます。



    表に戻る

  29. コノシメトンボ
    ノシメトンボやリスアカネと同じく翅の先に褐色バンドのあるアカトンボです。成熟した雄は体色が深紅色になり、複眼までも赤くなるところはナツアカネにも似ています。キャンパス内では、夏期に緑地内の歩道沿いの低木上で見られますが、秋以降はあまり姿をみかけません。緑地内で繁殖しているかどうかは不明です マーク2 100系 サスペンションロッド【エスティーアール】マーク2 100系 ストラッドロッド。



    表に戻る

  30. ネキトンボ
    アカトンボの仲間ですが、他の種類よりも少しはやい時期に繁殖をはじめ、盛夏にはすでに雄の体色は真っ赤になっています。翅のつけねが広くオレンジ色をしているのが特徴で、遠くからでも容易に見分けることができます。イモリ池からは確実に発生しており、キャンパス内各所の枝先にその姿をみることができます。



    表に戻る

  31. グリル 88-00シボレーC / K C10 /郊外用炭素鋼ブルバーフロントバンパーグリルガード Carbon Steel Bull Bar Front Bumper Grille Guard for 88-00 Chevy C/K C10/Suburbanコシアキトンボ
    チョコレート色の体で腰の部分だけがぽっかりと白いトンボです。「腰空き」の名前はそこから付けられましたが、池の縁の少し暗いところを飛んでいることが多いので、逆に「腰だけ」が飛んでいるようにも見えます。夏のひょうたん池で多く見られ、若い個体は遊歩道上などの空間をゆらゆらと飛び交っています。



    表に戻る

  32. ウスバキトンボ
    梅雨も明け、暑さも本番を迎える頃から目に付くようになるトンボです。本州では幼虫の越冬が不可能とされていて、毎年世代を重ねながら南からはるばる旅をしてきます。台風一過の晴れた日などに急に数が増えることがあります。翅の長い、オレンジ色のトンボで、グライダーのようにゆったりと長時間飛び続けます。

    JB1-4 ライフ フロントタワーバー【タナベ】ライフ JB1 SUSTEC STURT TOWER BAR フロント





    表に戻る



{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-18722